空室四号

ゲームコラム中心雑記ブログ

雑記ブログと専門ブログ、どちらが向いてる? 簡単適性診断

こんにちは。

いつもはゲームの話題を中心にブログを書いている私ですが、今回は少し趣向を変えて、ブログそのものについて語っていきたいと思います。

 

まず、主に人から読まれることを目的としたブログには大きく分けて「雑記(雑多)ブログ」と「専門ブログ」というものに分けられると言われております。

世間の関心や自身の興味に合わせて題材を決定し、軽いフットワークで記事を量産してアクセスを集める「雑記ブログ」、それに対しひとつの題材に対する深い知識や技術的解決策をじっくりと書き、量より質で安定したアクセスを集めていく「専門ブログ」。

「どちらがアクセスを集めやすいか?」というと一般的には専門ブログのほうがSEOやリピーターの関係でアクセスが集めやすいとされていますが、SNSとの連携が全盛の今となっては、最先端の話題を追いかけバズりやすい雑記ブログも遜色ないと言われています。

 

これからブログをやってみよう、という方は、どちらが自分に向いているのかを見定めて決めるのがいいと思います。やはり楽しく続けられることが一番だと思うので……。

しかし、本格的にブログをやってみるならば、一度は雑記ブログも専門ブログも両方経験してみたほうがいいと思います。そして、可能ならば両立してみるのがいいかと思います。

そして今回は、これからブログを始める方のために、「自分はどちらのブログが向いているのか?」という簡単な適性診断も紹介していきたいと思います。

 

まず、専門ブログに向いているのはあまり文章に我を出さない(出せない)タイプの方だと思います。決めた題材についてのみ深く淡々と書いていけるタイプです。

ブログの画像やレイアウトにきちんと凝ることができるタイプも専門ブログ向きかと思います。

綺麗な看板をつけた店舗をかまえてどっしりとお客様を待ち受ける小売り販売業のような感覚です。

記事の内容も、自分語りをして自身の考えをわかってもらうというよりも、ブログそのものを意識した純粋なお役立ち情報を書くことができるタイプが向いています。

読者のニーズを予想し万全の品揃えと商品力で迎えることがアクセス数アップにつながります。

 

逆に、雑記ブログに向いているタイプはある程度文章で自分の感情を表現したい(しちゃう)方が向いていると思います。

専門ブログは題材の決定が超大事、と言われている一方で、雑記ブログはその都度著者のセンスによる題材選びから始めることができます。

そのため、雑記ブログには深い専門知識よりも浅く広い知識が求められることが多いのですが、その浅い知識を記事内容として価値のあるものにするためには独特のセンスが必要となります。

専門ブロガーがニーズに応える小売り販売業タイプなら、雑記ブロガーは話術とセンスでニーズを生み出す外回り営業マンタイプです。

 

あなたはどちら向きだったでしょうか。

しょせん私個人の意見ですので、あまり真剣に考えず直感で選ぶのがいいかと思います。

 

ちなみに私は完全に雑記ブログタイプなのですが、この半年ゲームを題材とした専門ブログにチャレンジしていました。

しかし中途半端な記事になるばかりで全然ダメでした……。チャレンジすることが大事だと割り切ってこれからは少し雑記ブログよりになるかと思います。

ではまた。