空室四号

ゲームコラム中心雑記ブログ

CoD:BO3が神ゲーすぎた? WWⅡはバンパージャンパーたちの評価を得られるのか

本ブログでも何度か紹介している『コールオブデューティ』最新作『CoD:WWⅡ』の最新情報が続々と発表されている。

注目の新モードや、一部スコアストリークの演出はもちろん、5つの師団やシリーズ史上最も怖いゾンビモード、そしてオープンベータの情報など、そのほとんどは発売を心待ちにしているファンから概ね好評のようだ。

 

しかし肝心のゲーム性に関して、一部からは不安の声も聞こえてきた。

「地に足がついたCoD」を求めていたファンに対し、『WWⅡ』は見事その期待に応えた作品となりそうなのに、一体何故?

それにはどうやら最近になって顕在化してきた『BF1』の不調や、過去作『BO3』が少なからず関係しているようである。

 

CoD』ファンからすると、『BF1』は『IW』と同時期にセールスを争った作品となる。

発売前から「泥臭く重苦しい戦場の雰囲気を見事に落とし込んだ作品」として注目を集めていた『BF1』とは逆に、『IW』は、「またピョンピョン飛び回る未来戦か」とシリーズ最悪ともいえる低評価をファンに浴びせられていた。

発売後の評価もあまり変わらず、シリーズ最高の売上となった『BF1』に対し『IW』は早々と離脱するプレイヤーが続出、結果的に過去作『BO3』の熱狂が続くこととなった。

 

そして最近になり今度は『BF1』の評価が下がり始めている。その原因は色々囁かれているものの、ぼんやり浮かび上がるのは「我々が求めているのはやはり現代戦のBFなのではないか?」という仮説である。

武器のサイトはほとんどアイアンサイトだし、ガジェットや乗り物は簡単なものしか存在せず、高層ビルなどがないために全体的にマップはだだっ広い。

たしかに泥臭い戦場の雰囲気は素晴らしいのだが、高性能な光学サイトやランチャー、また偵察ドローンや現代都市が舞台の市街戦など、様々なゲーム映えする魅力的なシステムを犠牲にした上でようやくにじみ出た「シンプル故の泥臭さ」であるような気もしてくる。

そして『WWⅡ』に漂う『BF1』にそっくりな泥臭い雰囲気……ファンは少し「嫌な予感」が立ち込めてきたというわけだ。

もちろん『CoD』は『BF』とは違いガジェットや乗り物の時代背景がゲーム性を激変させるわけではなさそうだが、ロードアウト等システムは少し変更がなされるようであり、『BF1』のように悪い意味で雰囲気にシステムが引きずられるようなことがないことを願いたい。

 

そして一部『CoD』ファンはそんな空気を察してか「このままBO3をアップデートする感じでもいいんじゃないか?」といった、新作の期待よりもとにかく長く遊んだ『BO3』が名残惜しいというような声も上がっている。

1年に1本発売するシリーズなのに、ファンたちは新作に対する度重なる失望を経験しその度に過去作『BO3』は受け皿として機能してきた。

人気の『BO』シリーズ、そしてブーストや壁走り等アクション重視に舵を切った『CoD』の決定版として、その奥深さの虜になってしまうのは無理もない。

 

私も正直『WWⅡ』が出たあとも少なくない人数が『BO3』に戻ると思っている。それは『WWⅡ』が期待できないという予想からではなく、明らかなゲーム性の違いからだ。

ゲーム人口の分断はオンラインマルチゲームにはつらいところだが、『CoD』の莫大なファン人口ならどちらもプレイに足る人口は余裕で確保できるだろう。

しかし新作特有の盛り上がりを維持できるかどうかは単に『BO3』を愛するバンパージャンパー達の評価にかかっているといってもいいと思う。

CoD』シリーズは数多のFPSタイトルを蹴散らし、ついに過去作を相手に戦う時がきているのだ。