空室四号

ゲームコラム中心雑記ブログ

ドラクエ11、ターン制バトル確定で広がる賛否の波紋

今さらな話題ではあるが、ドラクエ11の戦闘システムがシンボルエンカウントからのターン制バトルに確定したようである。

オンライン専用化を筆頭にドラクエシリーズとして革新的な試みをふんだんに取り入れた『10』のあとの作品ということで、『11』はどうなるものかと注目を集めていたが、やはり「これぞドラクエ」というような、古くからのドラクエファンが安心して楽しめる作品を目指したようだ。

しかしそのターン制バトルをめぐって、ファン以外のゲーマーからは賛否両論色々あるようである。

 

シンボルエンカウントからのターン制バトルということで、いくつかのゲーム系メディアでは「今どき珍しいターン制バトル」という言葉を使って紹介されていた。まあ、その通りではある。

珍しい、とは言われるものの、ポケモンもシリーズを通してターン制バトルを貫きその人気を変わらず維持しているし、まだまだ携帯機のJRPGを強く意識した作品などでもターン制RPGはよく見られる。

しかしたしかに目新しさという面では一切の魅力はなく、言葉は悪いが手垢がつきまくっているシステムである感は否めない。

さらにPS4版などは技術的にも「持て余している」感はある。今はハードの性能を活かしたド派手なアクションやシューティングが多く、今現在もっとも熱心にゲームをプレイしている年齢層もそういったゲームにアイデンティティを持っている世代ではないだろうか(そういった若い感性に向けてきちんと『ヒーローズ』や『ビルダーズ』といったタイトルも発表しているところはブランドの強さではあるが)。

 

そう、ターン制バトルとは、現代ではもはや「あえての」ターン制バトルなのである。

私はクリエイターの立場はよく分からないが、戦闘にアクション要素が全く絡まないというのもまたレベルデザインが難しいような気もする。いや、難しいというよりも、一種の失われかけている職人芸やオーパーツのようなものなのではないかと。

 

この点を見るに、私はドラクエというブランドは『11』において今まで積み重ねて手にしてきた「誰もが楽しめる国民的大作」という冠を自ら脱ぎ捨て、純粋にファンのための作品に仕上げてきたのではないかと思っている。

もちろん、その裏返しの意味としてドラクエの熱心なファン層自体が現代の主要なゲーマー層のボリュームゾーンとズレてしまったということもある。昨年2016年がドラクエ生誕30周年である。我々も歳をとったのだ。

ネットでは堀井×鳥山×すぎやまトリオで作られる最後のドラクエになるかもしれない、という縁起でもない話も囁かれている。ドラクエ制作陣も当然歳をとる。

 

それでも、私はドラクエ11が単なる「おっさんホイホイ」という評価のゲームで終わってほしくはないと思っている。

昨今の和ゲー大型IPが元気がないのは事実だが、囁かれる「和ゲーは終わった」の風潮をドラクエは是非覆してほしい。

かくいう私も最近はJRPGどころか一人用のオフラインゲームから退いていたが、ドラクエ11は純粋なファンとしての期待半分と、「JRPGを買うのはこれが最後、好きだったドラクエよ、俺に引導を渡してくれ」というひねた感情半分で買ってみようかと思っている。