読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空室四号

感謝と贖罪

注目のPSVR!体験型ゲームと専用コントローラー・インターフェースの魅力

体験型ゲームの革命と言われ、「VR元年」という言葉が各所で報じられるきっかけとなった『PSVR』。

発売してしばらくたった今その評判の方を見てみると、良くも悪くも未だ「注目のVR」という立ち位置からまだまだ一歩踏み出す様子がないようにみえる。爆発的なブームは起こらなかったまでも、ゲームファンや業界からの期待はそのままにまだまだその潜在能力を検討されている状態だと言えるのではないだろうか。

事実私もVRに期待はしているものの購入は見送っているのが現状で、品薄状態が続いているところも含め正直まだ手を出すつもりはない。

 

ソフトとしては『バイオハザード7』がゲームボリュームは少ないながらも好調だったようで、その後もポツリポツリと断続的に対応ソフトが発売している印象。

昨今のゲーム業界はVRと相性がいいアクション・アドベンチャーゲームが主流なこともあり、その需要と可能性はこれからますます高まっていくと思われる。

 

体験型ゲームというと近年はリモコンやヌンチャクを模した直感的なコントローラーで遊ぶ『Wii』の成功があり、スポーツを題材にした『Wiiスポーツ』や、踏み台型のインターフェースを使って手軽に運動できる『Wiiフィット』は爆発的に売れた。

任天堂は『ニンテンドーDS』のタッチパネルも好評で、漢字や計算問題を実際に書いて回答できる『脳トレ』も大人を巻き込んで大ブームとなった。

 

Wii以前の体験型ゲームとなるとアーケードゲームおよび同コンシューマ移植作で専用コントローラーと共に遊ぶものがほとんどだった。そのどれもが特殊な操作感で今でも印象深い。

中でも音ゲーは『beatmania』のDJコントローラーを筆頭に『ギターフリークス』のギターコントローラー、『ドラムマニア』のドラムコントローラー、『太鼓の達人』の太鼓コントローラー、『ダンスダンスレボリューション』の敷きマットコントローラーなどユニークで用途もわかりやすい魅力溢れるものばかりだった。

音ゲーはそのリアルな操作感からゲーセンの熱狂を取り戻した立役者でもあり、今でもゲーセンに通いスコアを競う根強いファンがたくさんいるゲームジャンルだ。

アーケードゲームをコンシューマでも楽しめるように開発された専用コントローラーたちはまさにそのリアルな操作感の肝となるマストアイテムであり、家でも音ゲーをプレイしたいコアユーザーや、流行ってるからプレイしたいけどゲーセンに行ってプレイするには実力も度胸もないというライトユーザーにも幅広く受け入れられた。

 

このようにこれまで専用コントローラーによる「操作感」によって体験を演出してきた体験型ゲームはたくさんあったが、PSVRはコントローラーというよりはインターフェースであり、その体験は「没入感」という言葉で表される。

高い画質や美しい音響技術に支えられた、ゲームの世界に入り込んでいるかのような体験はまさに革命なのである。

 

今後はVRとガンコンのようなコントローラーやWiiフィットで使うような踏み台型インターフェースのようなものと組み合わせて、ゲームの中を実際に歩き回るような体験型ゲームが続々と出てくるかもしれない。

もちろん手軽にできるお馴染みのゲームたちも無くなることはないだろう。

 

こと多様性という面において、ゲーム業界はかなり数多くの種類のエンターテイメントをユーザーに提案することができる有数の業界であると私は思う。

その中で生まれた専用コントローラーやVRという興奮や可能性を形にしてきたゲームの歴史に、これからも期待したい。