空室四号

ゲームコラム中心雑記ブログ

ハクスラファンにおすすめアプリ!これからはスマホの普及と共にハクスラが増えていく

お金、レベル、ステータス、そして長大なスキルツリー。難しいことを考えずに、ただただ敵を倒して徐々に強くなっていく快感を突き詰めたジャンルであるハクスラ

こう書いてしまうと大味で、わかりやすい面白さを持ったジャンルのように聞こえるが、シンプル故になかなか満足できるハクスラゲーには出会うことはできない。

 

まずひとつ大きな壁として、いかにその「作業」に飽きないかが大事であり、また「作業」そのものがストーリーやシステムにうまく馴染んでいなくては成り立たないジャンルなのだ。

RPGのレベル上げ」が好きな人と嫌いな人はわりときっぱり別れる要素であると思うのだが、ハクスラゲーとしてはそれこそがゲームとしての「本体」なのであり、とにかく戦闘そのものが格別に面白くなくてはダメなのだ。

エフェクトやSEが気持ちいい、など五感にうったえていくことは当然ながら、敵は強すぎても弱すぎてもいけないし、アクション要素といった技術介入度も、ありすぎるとそれはもはやプレーヤースキルを磨く要素がハクスラ要素を食ってしまうし、無さすぎたらそれこそ「RPGのレベル上げ」になってしまうわけだから、なかなかパワーバランスも難しい。

 

私はPS4の『ディアブロⅢ』やPSVITAの『ドラゴンズクラウン』などをそこそこやりこんだが、今でもたまにやりたくなるほど良くできたゲームだった。

やればやるだけ強くなれることを実感していくことが面白いジャンルなので、隙間時間でできる携帯機との相性が良く、凝ったストーリーも必要なくアイデア一本でイケるジャンルとして、これからはスマホゲーに続々と素晴らしいハクスラゲーが増えていくのではないかと思っている。

 

私が軽く検索して触った感じでも『オイハギノモリ』や『ひまつぶフロンティア』などは面白くてたまにやって時間を吸われてしまう。

上記のゲームで驚かされるのはほとんど個人によって作られたであろうゲームであること。ゲームエンジンの普及でPCやコンシューマでもインディゲーが注目を集めている今、アイデアと技術があれば個人でも素晴らしいゲームが作り出せる世の中になったのだ。

これでは余計に遊び尽くせない。ゲーマーとしては嬉しい悲鳴ではあるが……