空室四号

ゲームコラム中心雑記ブログ

【長い】じゃあ『はじめの一歩』はどうすればよかったのか

煽るような記事タイトルで申し訳ない。一歩の熱心なファンの中にはきっとこのタイトルを見て怒っている人もいると思う。

しかし私も小学生のころから一歩を読み、今でも自室に100冊以上の単行本を並べ、未だほとんど一歩の為に毎週週間少年マガジンを買っている熱心な一歩ファンのひとりであると自負している。

そんな私に今日だけはどうか「一歩どう贔屓目に見ても長くね?」問題について語らせてほしい。

なお、ネタバレを含むので最近一歩を読みはじめた将来有望な一歩キッズの方はブラウザバックしてください。

 

さてまず、私が「一歩どう贔屓目に見ても長くね?」問題を語る上でひとつターニングポイントだと思っている試合について触れておきたい。

細かく見ていくと色々言いたいことはあるのだが、とりあえず結論、つまり私が導きだしたターニングポイントとなった試合を言ってしまうと、それは一歩 対 唐沢戦である。

それは何故なのか? 順を追って説明していこう。

 

まず序盤の山場だが、これは確実に一歩 対 千堂の日本タイトルマッチであると考えていいだろう。もはや日本タイトル獲得が序盤と言えてしまうところがヤバイといえばヤバイ。

伊達に敗れ、デンプシーロールを引っ提げて復帰した一歩。そしてついに日本タイトル再挑戦。それを受けて立つのはあのライバル千堂。読者として盛り上がらないわけがない。ファンの中でもベストバウトにあげられることが多い愛すべき一戦である。

そして激闘の末についに日本タイトルを手にする一歩。ここで作品としても一区切りがつく。

 

「ついにやった! 一度負けたけど、俺たちの一歩はやっぱり強かった!」

 

いじめられっ子だった一歩が努力につぐ努力の末ついに日本一強い男に。作品の主題である「強いってなんですか?」を少しだけわかった気になる我々読者。

しかし物語はここで終わらず、ここからは日本チャンピオン防衛編がスタートする。

 

ここからは「日本チャンピオン幕之内一歩」なだけあって、今までとは異なる防衛戦の緊張や、愛する後輩との戦いなど、「守るための強さ」「追われるものとしての立場」ということにスポットが当てられた戦いが続く。

一歩の不器用な戦術も研究されつくされ、そしてついに頼みのフィニッシュブロー、デンプシーロールまでもが沢村に完全攻略されてしまう。

それでもあらゆる犠牲を払った末、命からがら沢村には勝ったものの、ここで我々読者には不安が生じることとなる。

 

「いやまあ試合には勝ってるけど、苦戦が続きすぎ。デンプシーロールも破られちゃったし、日本チャンピオン幕之内一歩が強いのか弱いのかよくわからなくなってきた……」

 

そしてここで件の唐沢戦である。

唐沢戦では上記のような読者に対する明確なアンサーが提示される。そう、デンプシーロールを封印した上での圧勝である。

苦手なはずの技術に優れたアウトボクサーである唐沢に対し試合を完全にコントロールしてのKO、まさに圧巻の完封勝利である。この試合は主人公一歩の目線ではなく相手の目線によって進行し、一歩に黙々と追い詰められていく相手の心境が追体験できるという森川先生の粋な計らいが光る。余談ではあるが、私はこの試合こそ主人公幕之内一歩のベストバウトだと思っている。

 

そしてやはり個人的には、ここで(不安を残しながらも)東洋太平洋なり世界なりに舞台をひとつ上げておくべきだったのではないかと思っている。

 物語の主題である「強いってなんですか?」はおそらく精神的なものだろうし、一歩自身も日夜努力でその答えを見つけようと頑張っているけれど、そのためにはやはりまずここで技術的な舞台を上げて、また「挑戦者幕之内一歩」に戻ってもよかったのではないかと思う。

 

実際はこの後も日本チャンピオンとして一歩は居座り続け、ベテラン・武との試合や、当時現実世界でもタイムリーであったスポーツ八百長問題をめぐるゲドーとの試合、そして天才ウォーリーとの試合などが続くが、このあたりは題材としては面白いのだが如何せん「強いのか弱いのかわからないまままだ日本タイトルで消耗してるの?」的フラストレーションのたまる試合である。前述の通り技術的な舞台が上がっていたならば苦戦するのもわかるのだが……

 

特にウォーリー戦は、辛口な書き方になってしまうが、不自然なほど倒れない一歩に対して数回「触られた」だけで倒れるウォーリーという疑問の残る展開に。

その後の熱烈な一歩ファン・小島に至っては題材としても正直あまりひかれる試合ではなかったし、戦う前のやりとりとしても、2トン車をめぐる言葉と物理理論の致命的な誤りや、今まで一歩の弱点だった立ち回りへの「最強のワンパターン」発言など、このあたりは、まあ、なんというか、いち読者として絶望的なまでに濃い霧の中で狐につままれたような感覚だった。

そしてなによりこの小島に勝ってようやく世界である。マジかよ。

 

現在の、二度目の敗戦から復帰し新型デンプシーロールをひっさげて復活する展開を見ても、主人公に衝撃的な敗戦を味わわせて世界の強さをわからせるなら、それこそゴンザレスとかいうポッと出ではなく宮田の役回りでもよかっただろう。というか宮田も気づいたらくすぶってるな。

 

……いやでもしかし、しかしである。

正直最近の一歩は面白い。変なフォロー抜きで面白い。鷹村 対 バイソンでは「お?これは間違いなくボクシングだ!」という面白さを久しぶりに感じた(バカにしているわけではない、念のため)。

一歩の故障疑惑のイザコザは「え?」とは思ったものの、ストーリーは一歩・会長・鷹村というこの作品の最小単位を中心に(今までと比べて)テンポよく進み、今は本当に「ザ・ボクシング」的面白さがまたよみがえってきているように思う。

とにかく、ああだこうだ偉そうに言ったものの、私は『はじめの一歩』が大好きだ。今後は一層期待している(しつこいが変なフォロー抜きで)。