空室四号

ゲームコラム中心雑記ブログ

レイⅡはインクリングの夢を見るか?

人生において、密かなこだわりを見出だすことができる何かをもつことは幸せである。さらにそのこだわりを共有できる誰かがそばにいることは最上だ。 彼は何故か『世界まる見えテレビ特捜部』と『木曜洋画劇場』が満載に録画された自作ビデオを大量に所有して…

セーラームーンのベルトスクロールアクションゲームを妹から取り上げてまでプレイしていたやつら

男の子はみんな亜美ちゃん派だった。でも心には煮え切らない仮面をつけていた。タキシードは着ないまでも。 「みんな、セーラームーンの中で誰が一番好き?」 小学生のころ、J君の家で遊んでいると、J君のお母さんが不意に僕らに尋ねてきた。 僕は一瞬どぎま…

雑記ブログと専門ブログ、どちらが向いてる? 簡単適性診断

こんにちは。 いつもはゲームの話題を中心にブログを書いている私ですが、今回は少し趣向を変えて、ブログそのものについて語っていきたいと思います。 まず、主に人から読まれることを目的としたブログには大きく分けて「雑記(雑多)ブログ」と「専門ブログ…

CoD:BO3が神ゲーすぎた? WWⅡはバンパージャンパーたちの評価を得られるのか

本ブログでも何度か紹介している『コールオブデューティ』最新作『CoD:WWⅡ』の最新情報が続々と発表されている。 注目の新モードや、一部スコアストリークの演出はもちろん、5つの師団やシリーズ史上最も怖いゾンビモード、そしてオープンベータの情報など、…

バトルフィールド新作は2018年末頃発売か――そして伸び悩むBF1

人気FPS『バトルフィールド』シリーズ最新作『バトルフィールド1』が、少し盛り上がりを感じなくなってきたように思う。 ……いや、そもそも2016年10月発売のゲームなので今さら盛り上がりもなにもないのであるが、オンラインマルチプレイが肝なゲームである以…

ドラクエ11の評価は結局どうなっていくのか――発売から数日経っての感想

ドラクエ11が発売して数日が経ちました。私も少しずつプレイしています。 私は今までの記事でも語ってきた通り、正直ドラクエ11にはあまり期待していなかったのですが……結果的にRPGにのめり込んだのは久しぶりかも、と思うくらい楽しめてます。 これは、ドラ…

ドラクエ11発売前夜! 大型タイトルの風物詩・深夜の大行列について浅く語りたい

ドラクエ11が明日発売されるということで、「これからも大型タイトルのゲーム目当てに夜中からショップや家電量販店の前に行列をつくることってあるんでしょうかね?」と思ったので今回は少しゲームをめぐる行列について浅い想いを語らせていただこうかと。 …

ドラクエ11、ターン制バトル確定で広がる賛否の波紋

今さらな話題ではあるが、ドラクエ11の戦闘システムがシンボルエンカウントからのターン制バトルに確定したようである。 オンライン専用化を筆頭にドラクエシリーズとして革新的な試みをふんだんに取り入れた『10』のあとの作品ということで、『11』はどうな…

ゲームをやめたい……「やりたくないのにやってしまう」謎の義務感について

趣味としてゲームに向き合う上で、ゲームを「別段やりたくないのにやってしまう」ということがたまにある。 ……いや、ない人はないのかもしれない。 でもネットなどを見ている限りそういった悩みはわりとよく聞く話だ。 ただの趣味として取り組むゲームなのだ…

【悩み】ネットのゆるいつながりみたいなのってうらやましい

ネットコミュニティに身を落とす上でありのままに正直でいることはとても難しいように思う。 私はこうしてゲーマーという看板をかけてネットに身を落としているわけだが、正直とてつもなくゲームに生活を捧げているわけでもないし、とてつもなく高いスキルを…

『CoD:WWⅡ』マルチプレイ動画が続々と公開!FPS初心者目線からの感想

FPS歴1年だけど初心者っていつまで自称していいんだろう。 ……と、私事はどうでもいいとして、今YouTubeには今秋発売する『CoD:WWⅡ』の動画が続々とアップされている。 見た感じの率直な印象として「とても面白そう」。 ……このままでは初心者どころか小学生並…

オープンワールドはなぜ「何をしていいかわからなくて苦痛」なのか

「背景に遠く見えるあの山にも登ってみたい」 RPGやアクションをやっていて、ゲームにのめり込むあまりそんなことを思ったことがある方も多いのではないだろうか。 そんな願いを叶えるゲームとして登場したのがオープンワールドゲームである。 定義としては…

『モンスターファーム』ってどうなった? ひっそりと終了したシリーズからブランド維持の難しさを知る

『モンスターファーム』というゲームがある。いや、「あった」というべきだろうか。 発売当時爆発的に流行ったソフトで、その後何本もシリーズや関連作が発売されていたはずなのだが近年その名前を見ることは滅法なくなってしまった。 ゲームをあまりやらな…

『オーバーウォッチ』一周年、今後もeスポーツ業界を押し広げ続ける作品となるか

2016年5月24日に発売されたアクション・シューティングゲーム『オーバーウォッチ』が発売一周年を迎えた。 公式ジャンルとしては「アクション・シューティング」となっているものの、その実MOBA要素のある少人数制のFPSで、仲間同士の協力が最重要なゲームと…

ニコニコ動画(く)へのバージョンアップはプレミアム会員減少を止められるか

2017年10月、実に4年ぶりとなるニコニコ動画のバージョンアップが発表されている。 主な内容として画質やサーバーの改善や「ニコキャス」の復活が上げられているが、ユーザーからは「今更か」とあまりウケが良くない模様。 10年ほど前は確実にネット文化の最…

【悲報】『ロックマンズサッカー』とは一体なんだったのか

唐突だが序文として私のブログ観を語らせていただくと、私にとってブログの最良の形は「日記」である。 近年においてブログはひとつの情報源としての役割を担うようになり、科学的検証や膨大な情報を扱うようなブログも増えた。とにかく記事は「人々の役に立…

どうしても気分や感情に振り回されてしまう人のための自律法――自己啓発本、ライフハックサイトはもう見飽きた方へ

今回はちょっと趣向を変えて、私が考え出した自己啓発法について語っていこうと思います。 「どうしてもやりたいことがあるのについつい怠けてしまう」など、自分の生活を改善したいという悩みは誰しもが持っているものです。そうした悩みから自己啓発本を読…

注目のPSVR!体験型ゲームと専用コントローラー・インターフェースの魅力

体験型ゲームの革命と言われ、「VR元年」という言葉が各所で報じられるきっかけとなった『PSVR』。 発売してしばらくたった今その評判の方を見てみると、良くも悪くも未だ「注目のVR」という立ち位置からまだまだ一歩踏み出す様子がないようにみえる。爆発的…

街の雑多な中古ゲーム屋さんの胡散臭さとワクワク感は異常

何かしらの物品を買い求めるとき、あなたはどういった行動に出るだろうか。ネット通販を利用するだろうか。それとも専門店を訪れるだろうか。 中古ゲーム市場においてみれば、今は圧倒的にネット通販やオークションが強い。全国から欲しいゲームを探すことが…

魅惑の「ニンテンドウパワー」!今となっては驚きのローソンのゲームサービス

ゲームのダウンロード購入が当たり前となった今、ダウンロードゲーム市場では最新ソフトの販売サービスだけではなく任天堂ハードによる「バーチャルコンソール」やSONYハードによる「ゲームアーカイブス」といったようなレトロゲームを安価でダウンロード購…

ボードゲームから見るシンギュラリティ――機械が人間を超えるとき

シンギュラリティ(技術的特異点)という言葉が近年注目を集めている。 人間が人間の知能をわずかでも上回った人工知能を作ることができたならば、その人工知能も同じように自らを上回る人工知能を作り、その人工知能もまた自らを上回る人工知能を……というサイ…

CoD新作はWWⅡに決定!FPSにおける原点回帰とは

先日ついに大人気FPSシリーズであるCoDこと『コール・オブ・デューティ』の新作が発表された。 「CoDを再解釈した原点回帰」「地に足がついた作品」を掲げ、戦闘の舞台はWWⅡになるそうだ。 ファンの間で特に注目を集めているのは「地に足がついた作品」とい…

アップデート・DLC全盛時代!スト5から見る調整ありきのゲームバランスの是非

最近のゲームはインターネット環境がほぼ必須となり、ハードやソフトもそれを前提に発売しているものがほとんどとなってきています。 中でも大作ゲームはDLCを積極的に発表し、とくに対戦ゲームなどでは四半期や一年単位のロードマップを事前に発表する「シ…

ゲームは頭が悪くなる? ゲーマー達の愛すべき偏った知識

「ゲームばかりやっていると頭が悪くなるぞ」 私が幼いころは大人たちにそんな言葉をよく聞かされたものです。ファミコンやゲーセンが社会現象となり少し落ち着いたあとで、ゲームに対する社会の風当たりがとても強かった時代でした。 今でも「ゲームばかり…

FPS攻略サイト「初心者のうちはスナイパーはやめておこう」じゃあ具体的にいつからやっていいの?

私がFPSというジャンルにハマってから約1年がたちました。まだまだ初心者ですが右も左もわからない超初心者という領域は卒業できたかのように思います。 ハマってからは上手くなりたくて動画を見たり攻略サイトを読んだりしていたわけですが、引っかかるのは…

新生活!「趣味はゲームです」とあなたは言えますか

新生活とは切っても切り離せないものである自己紹介。 年をとると趣味まで紹介するようなことは減っていくと思いますが、それでも普段のコミュニケーションの中でどうしても自分の趣味を紹介しなくてはならないシチュエーションは少なからずあるものです。 …

大作『ドラクエ11』は現代RPGでどういう立ち位置をしめすのか

現代のゲームキッズたちがどんなゲームを大作だと定義しているのかはわからないが、我々の世代のドラクエと言えば間違いなくFFと双璧を成す元祖大作RPGだった。 FFが毎回革新的なシステムを導入してくることに対し、ドラクエは保守的で古くから続くシステム…

和ゲーは終わった? 試される国際競争力

「和ゲーは終わった」 こういった言葉がネットコミュニティで囁かれるようになって久しいけれど、果たして本当に和ゲーは終わってしまったのだろうか?ところで「洋ゲー」と言われるのに「邦ゲー」じゃなくて「和ゲー」って言われるのは何でなんだろう(素朴…

ハクスラファンにおすすめアプリ!これからはスマホの普及と共にハクスラが増えていく

お金、レベル、ステータス、そして長大なスキルツリー。難しいことを考えずに、ただただ敵を倒して徐々に強くなっていく快感を突き詰めたジャンルであるハクスラ。 こう書いてしまうと大味で、わかりやすい面白さを持ったジャンルのように聞こえるが、シンプ…

マイクラはなぜ子どもたちの間で流行ったのか

Minecraftというゲームがある。 箱庭世界を自由に歩き回り、まるでブロック遊びや砂場遊びをするような感覚で建築物や地形などをつくって遊ぶことができる非常に自由度が高いゲームである。 スウェーデンの会社が開発したこのゲームは、老若男女を巻き込んで…